第649回 経営者モーニングセミナー

平成28年3月3日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第649回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は(株)時の名所 ふなや 代表取締役社長 鮒田好久様。
テーマは「道後と宿の歩みとこれから」。

鮒田さんは、松山伊予倫理法人会の幹事でもいらっしゃいます。
「時の名所 ふなや」さん。松山では言わずと知れた老舗中の老舗。皇室御用達の旅館でもあります。

鮒田さんは、5年前に横浜で修業を積み、松山に戻っていらっしゃいました。
ふなやさんとして松山伊予倫理法人会と関わる様になったのも丁度この頃。

倫理法人会に入る企業様の中には、倫理法人会が発行する、「職場の教養」が欲しくて入会する企業様も多いわけですが、ふなやさんでは逆に、倫理法人会に入会してからこの「職場の教養」を導入する事になり、最初は社員間での抵抗もあったのだそうですが、今では社員間のコミュニケーションを図るツールとして、とても役に立っているのだそうです。

鮒田さんはふなやさんの次男として誕生しました。
元々旅館に就職するイメージはなく、ご本人が大好きな東洋史を学ぶ為に東京の大学へ進みます。
この時に東京でしか体験できない芸術、文化、音楽に触れ、今でも旅館に勤める付加価値として、通常の生活では中々触れ合う事のない専門家と触れる事は、一つの喜びなのだそうです。

大学を卒業した後、一度松山に戻ってきて、ふなやに就職したのだそうですが、色々あって一度ふなやを去る事になります。
再び関東に渡り、今度は横浜のホテルに契約社員として就職します。

現在考えると、「なぜこんなに遠回りをしたのか」と忸怩たる思いもしたのだそうですが、昨年社長となった現在から考えるとこの時の経験がとても役に立っているのだそうですよ。

道後120周年の記念で公演されました坊ちゃん劇場ミュージカルで鮒田のご先祖様を演じた方と、「オヤジダンサーズ」を結成し、鮒田さんも参加なされている様子は時折お見かけする機会があります。

終盤ではふなやさんの歴史もご紹介いただきました。
鮒田さんのご先祖様は、道後の歴史の中でも大切な役割をしてきたんだな、という事を学ばせていただきました。

何より、「道後ふなや」というあの老舗の社長を勤める鮒田さんが、これ程に庶民的なご苦労をなさった事にとても親しみを感じました。また、鮒田さんが「東洋史」にとても関心を持っていらっしゃる理由をそれとなく伺わせていただいた様に感じます。