第632回 経営者モーニングセミナー

平成27年10月15日、ホテルJALシティ松山におきまして、第632回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、株式会社河幸海苔店取締役会長 山路卓司さん。
テーマは「利他の心がけ」。
山路さんは、一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザーでいらっしゃいます。

講話は、納税に関するお話からスタートしました。
河幸さんでも過去、従業員さんの不正が発覚した事があるそうなのですが、この時、その処理を不正な方法で処理したのだそうです。

結果、数年後に重加算という形で振り返ってきたのだそうです。
税金はきちんと納めて社会の為に使っていただくもの。

倫理法人会では、「振り子の法則」「八顕還元(はっけんかんげん)の法則」
という言葉があります。やればやっただけ、悪いことをすれば悪いことが、良いことをすればよいことが返ってくる、という考え方です。

「徳を積む」
「役」を引き受けること。小さな善行を積み重ねること。
「徳」は貯める事ができる。今徳を積んでおけば、子や孫の代に却ってくる。
今私たちはご先祖の徳を使っている。だから今徳を積んでおく必要がある。
「利他の心がけ」とは、即ちそういうことである、と。

教育の問題にも言及されました。
教育の現場でも、「モンスターピアレント」、給食費を支払わないような家庭が増えているのだそうです。
また、「親孝行」を教えようとすると親からクレームの電話が入ってくるような、そんな時代になっているのだそうです。

「人の道=倫理」を学校でも教えない。家庭でも教えようとしない時代。
中小零細企業が最後に残された教育の場であると、本日の講話はそのような内容でした。

20分が経過したとき、「えっ、もうそんな時間?」と、びっくりするほどにあっという間に時間がすぎました。
もう少しお話をお伺いしたかったと、そのように感じました。