カテゴリー別アーカイブ: モーニングセミナー

第632回 経営者モーニングセミナー

平成27年10月15日、ホテルJALシティ松山におきまして、第632回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、株式会社河幸海苔店取締役会長 山路卓司さん。
テーマは「利他の心がけ」。
山路さんは、一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザーでいらっしゃいます。

講話は、納税に関するお話からスタートしました。
河幸さんでも過去、従業員さんの不正が発覚した事があるそうなのですが、この時、その処理を不正な方法で処理したのだそうです。

結果、数年後に重加算という形で振り返ってきたのだそうです。
税金はきちんと納めて社会の為に使っていただくもの。

倫理法人会では、「振り子の法則」「八顕還元(はっけんかんげん)の法則」
という言葉があります。やればやっただけ、悪いことをすれば悪いことが、良いことをすればよいことが返ってくる、という考え方です。

「徳を積む」
「役」を引き受けること。小さな善行を積み重ねること。
「徳」は貯める事ができる。今徳を積んでおけば、子や孫の代に却ってくる。
今私たちはご先祖の徳を使っている。だから今徳を積んでおく必要がある。
「利他の心がけ」とは、即ちそういうことである、と。

教育の問題にも言及されました。
教育の現場でも、「モンスターピアレント」、給食費を支払わないような家庭が増えているのだそうです。
また、「親孝行」を教えようとすると親からクレームの電話が入ってくるような、そんな時代になっているのだそうです。

「人の道=倫理」を学校でも教えない。家庭でも教えようとしない時代。
中小零細企業が最後に残された教育の場であると、本日の講話はそのような内容でした。

20分が経過したとき、「えっ、もうそんな時間?」と、びっくりするほどにあっという間に時間がすぎました。
もう少しお話をお伺いしたかったと、そのように感じました。

第630回 経営者モーニングセミナー

平成27年10月1日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第630回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、有限会社シーアールシー 代表取締役 松本一志さん。
テーマは「倫理にどっぷりつかる」。

松本さんは、愛媛県倫理法人会 会長でいらっしゃいます。

ご講話は、私の手元に配布された一冊の「ご挨拶」という「杖言葉集」からスタートします。

杖言葉とは、松本会長が参加した勉強会で、作家の五木寛之氏から学んだ言葉。自分が倒れそうになったとき、自分自身を支える言葉なのだそうです。

本日の配布された「杖言葉」なのだそうです。

松本会長は、中学、高校と市内某校に通っていたのだそうです。
ですが、その環境に馴染めず、高1で退学したのだそうです。

親から期待されて入学した学校を退学した肩身の狭さから、松山を離れ、広島、大阪と、「中卒」という立場で、働き始めるのですが、ここで初めて「中卒」という立場の不安定さを実感します。

帰省し、親に許しを請い、改めて高校に通い、大学にまで進学したのだそうです。
31で開業し、離婚を経験します。その時に出会った方から、「自分の師匠」と、「道を共に進んでいく仲間」を見つけろ、学べ、師匠を見つけろと教えられます。

この出会いが松本会長の人生のターニングポイントとなつたのだそうです。
「師匠」を探す中でであった人物から、「古い付き合いをすてろ」ということであると気づかされます。

そして、それから出会う「師匠」たちから、「足元は地元である。誰かに伝えろ」という事を学びます。

この頃、松本会長は既に松山中央倫理法人会に入会していたのですが、この頃、まだ松本会長は倫理法人会に対して、まだ斜め上から見ているようなところがありました。
会員から請われ、会員増強に力を貸してほしいと言われ、専任幹事を引き受け、それでもまだ月一回しかモーニングセミナーに参加しないような、そんな会員だったのだそうです。

ですが、時期会長を引き受ける予定だった人物が急遽会長を引き受ける事が出来なくなり、自分が会長を引き受けざるをえない状況に追い込まれたのだそうです。

そして、会長が友人と共に入った道後の足湯。
足先しか浸かっていない自分と倫理法人会を思い浮かべ、これではいけない、と気づいたのだそうですよ。

そして、それから手に入れた仲間こそ、昔最初に出会った「師匠」から伝えられた「仲間」だと、そう報告ができると思ったのだそうです。

「目標を決める事」。
「縁」とは自分でつなぐものである、との言葉が締めくくりの言葉となりました。

第627回 経営者モーニングセミナー

平成27年9月10日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第627回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、株式会社 繭 代表取締役 仲田英里さん。
テーマは「倫理法人会って?」。

仲田さんは、東温倫理法人会新会長でもいらっしゃいます。

仲田さんは、幼い頃、中々やんちゃなお子さんだったらしく、男の子のけんか友達と、段々勝てなくなり、そのことが原因で幼稚園を自らやめたのだとか…ヽ(´o`;

人生の転機として、高校時代、身に覚えのない罪で学校より停学を言い渡された折、親を泣かせている様子に気づき、納得はいかない中で、学校に頭を下げた、との事。
これが人生の中で一つの転機となったのだそうです。

その後就職し、今の旦那さんから強く言い寄られて結婚する事に。
旦那さんのご両親との関係もあり、この頃から体調を崩し、入院していたりしたのだそうですよ。
ですが、お子さんの事も考えると、このままではいけないと、一人の女性として、母親として、強くなったのだとか。

その後リストラを経験し、現在のヘルプサービス繭を立ち上げます。
倫理法人会に出会ったのもこの頃。丁度倫理法人会に入会したその頃から社内の人間関係が悪くなり始め、やがて一人の職員が新規事業を立ち上げ、従業員を大勢引き連れて行ってしまったのだそうです。

それからも人間関係に振り回され、仲田さんは悩み続けるようになります。

二度の富士研を経験し、人を許せないから、自分を責めていたのだと気付かされます。
人を許す事が大切なのだと気付かされます。

それでも、悩む中で引き受けたのが会長職。
受けた倫理指導の中で伝えられた言葉が「一つ一つに区切りをつけなさい」という言葉。

繭設立以来、18キロ痩せるほどの苦悩を体験した仲田新会長。
これからのご活躍を応援したいなと、そんな気持ちが湧き起こるご講話でした。

第625回 経営者モーニングセミナー

平成27年8月27日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第625回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は我が松山伊予倫理法人会内藤成博会長。
いつもは企業名、役職名を掲載しているのですが、今回ばかりは、倫理法人会の名称と、倫理法人会の役職名で掲載いたします。

本日は内藤成博会長、会長職として最後のモーニングセミナーになります。
内藤会長が会長職に就いたその年は、内藤会長が本職であるプチスリーズエヒメをオープンさせたばかりの頃で、本当に忙しい時の事であったと思います。

2年間、本当に大変であったと思います。

本日のテーマは「遺憾に思った事」。
内藤会長は、最初会長職を打診された時、会長職を断った事を今でも遺憾に思っているのだそうです。そして、三年目、3期目の会長職を引き受けられなかった事。
これもまた、「遺憾に思っている事」なのだそうです。

ご家庭の事情が変わり、お母様、奥様へかかる負担が大きくなる事になり、どうしても会長を続ける事が難しくなったのだそうです。

会長職を引き受けて以降、松山伊予倫理法人会の会長だけでなく、他の企業グループや仕事そのものもとても忙しくなっているようです。

これもまた、倫理法人会の精神である「はい、よろこんで」がもたらした結果なのだと思います。会長は、会長となって尚、これを実践し続けてきたんですね。

「失敗したところでやめれば失敗になる。成功するまでやり続ければ成功する。」
松下幸之助の言葉なのだそうです。

内藤会長、本当に2年間お疲れ様でした。

第623回 経営者モーニングセミナー

平成27年8月6日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第623回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、(株)スカイネットシステム代表取締役 中岡富茂さん。
テーマは「はい、喜んで」。
中岡さんは、松山にぎたつ倫理法人会元会長。現在は愛媛県倫理法人会副会長でもいらっしゃいます( ^ω^ )

倫理法人会では、人から頼まれ事をされたら、「はい、喜んで」と素直に実践しなさい、という「教え」があります。

中岡さんがにぎたつで会長職を引き受けた当時、中岡さんは実は離婚の危機にあったのだそうです。モーニングセミナーで毎回声に出して読む「万人幸福の栞」には、「夫婦は一対の反射鏡」または「子は親の心を実演する名優である」というタイトルが掲載されています。

中岡さんは会長職を引き受けたとき、決めたのは「離婚しない」という事。
中岡さんは以来、この「万人幸福の栞」に掲載されている事をそのまま実践し続けたのだそうです。

という事で、中岡さんのご講話では、そんな中岡さんと奥さんとの仲睦まじい様子や、娘さんの結婚式の様子、そして奥さん、娘さん、息子さんと一緒に屋久島で撮影した写真を披露していただきました。

息子さんへは、事業継承の事も考えていらっしゃるのだそうです。

ご講話の中で、清和塾、京セラ稲盛さんのお話も登場しました。
近しい事を学ぶわけですが、その中で、「心は学び続けなければ雑草が生える」という言葉が登場します。

毎週、継続して心を磨き続けられる事にこそ倫理法人会の醍醐味はある。
本日はそんなご講話でした( ´ ▽ ` )ノ

第621回 経営者モーニングセミナー

平成27年 7月16日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第621回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、税理士法人久遠 代表 前原幸夫さん。
テーマは、「心の経営」。
前原さんは、倫理研究所 法人スーパーバイザーでもいらっしゃいます。

元々夜型の生活を送っていて、倫理法人会のスタイルは中々合わない。
そんな中で倫理法人会に入る事になりました。

その当初、社員の事で幾つか問題を抱えていたのですが、当時、前原さんが所属していた岡山の倫理法人会で、方面長をしていた倫理法人会の研究者より、受けたアドバイスが、現在の税理士法人久遠を支えているのだそうです。

日本がかの大戦で敗北し、降伏文書に調印したその翌日から倫理運動はスタートしました。
今年は、倫理運動が始まって、正に70周年を迎えた、正にその年なんですね。

倫理法人会創設者である丸山敏雄氏は、それまでの道徳を「旧道徳」と呼び、「一生懸命」働くのではなく、「明るく、朗らかに、喜んで、進んで」働く事を勧めています。

常に心が先。どんな心でいるのかが大切である。
苦難は乗り越えられる。苦難は逃げない。

苦難から逃げると追い掛けられる。
こちらの心が変われば状況が変わる。

最高善=徳と福の一致を体験し、それを伝えてほしい。
丸山敏雄創設者の思いを教わりました。

第616回 経営者モーニングセミナー

平成27年6月11日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第616回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、(有)シーサイド 代表取締役 藤浦正信さん。( ´ ▽ ` )ノ
テーマは「選択理論から見た倫理の学び」。
藤浦さんは、松山北倫理法人会の幹事でもいらっしゃいます。

倫理法人会では、「理屈なしに実践してください」とよく言われます。
しかし、多くの人は、理屈を理解し、納得できるから実行することができます。

藤浦さんは、倫理法人法人会と同時に、選択理論心理学を学んでいます。

藤浦さんの今日のテーマは、そんな倫理法人会の学びを、選択理論の側面から考えよう、というテーマです。

選択理論の考え方は、

「5つの基本的欲求」
「上質世界」
「全行動」

という3つの要素で成り立っているのだそうです。

・「選択」とは。
願望+行動

・「運命」とは。
運命は決まっている。
宿命は変えられない。
運命=選択可能領域=自分=未来

健全な選択によって、誰もが幸福になると決まっている。

刺激→認知→反応
認知=外的コントロール(わがまま)or選択理解。

倫理法人会では、「苦難」は幸福の門であると考えます。
選択理解の考え方では、この「苦難」の捉え方こそが「認知」の問題である、と考えているようです。

選択理論では、人間の行動を車に例え、前輪が思考と行動、後輪が感情と生理反応であると考えます。

認知とは、まさしくこの車で例えれば前輪の問題なのですね。
後輪、感情や生理反応が起きる事は止められないけれども、前輪、つまり思考や行動でコントロールする事ができる。
つまり、認知の仕方によって結果が変わる、ということなんですね。

相手を変えたければ、まずは自分の選択と行動をかえる。
まずは自分が何を考え、行うのかが大切なのだと、つまりはそういうことなんですね。

実は、選択理論は、私の考え方を変えた一つのツールでもあります。
機会があればまた、一度学び直してみたいものですね( ^ω^ )

第614回 経営者モーニングセミナー

平成27年5月28日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第614回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、(株)カゴスエ 代表取締役長谷川英己 さん。
テーマは『倫理実践「服を脱ぎ捨てて、福となる。」』。

長谷川さんは、岐阜県多治見市倫理法人会 広報委員長でもいらっしゃいます。
昨日の経営者の集いに続いての御講話です。

(株)カゴスエさんは、元々長谷川さんのおじいさんが花籠を作る会社として創業なされたのだそうですが、時代の流れと共に事業転換を行う必要性に駆られます。

おじいさんは、この時夫人服オーダー店へと事業転換を行います。
長谷川さんも、現時点ではカゴスエという会社を衣服店から高齢者福祉施設へと事業転換を行っています。

長谷川さんは事業を継承する際、既に周囲ではユニクロを始め、衣類をオーダーという形ではなく、既製品を販売し、既製品を販売する中でもメーカーが卸を通さず、直販するケースも増えており、洋服販売の事業に限界を感じていました。

長谷川さんは洋服店よりデイサービスに事業転換を図る決意をするのですが、この時長谷川さんのお父さんは癌を発症していて、いざ改装を行おうするそのタイミングで、長谷川さんのお父さんは亡くなってしまいます。

ですが、結果的に息を吹き返し、改装を行おうとするその中にお父さんは戻ってきます。
お父さんから、長谷川さんは仕事への「執念」を学びます。

改装を行う段階に至っても借入の問題で大変ご苦労をなさったのだそうですが、倫理の人間関係の中から助けてくれる人に巡り合ったのだそうですよ。

「打つ手は無限」。
実践を行うことで、苦難は幸福への繋がるのだと感じさせられる御講話でした( ´ ▽ ` )ノ

第613回 経営者モーニングセミナー

平成27年 5月21日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第613回 経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師はPastel Healing Space OASIS 浜田陽子さん。
テーマは、「人との出逢いから学んだこと」。

浜田さんは、元々保育士を志し、県内の短期大学で学び、実習等を経験したのですが、幼い命を預かるプレッシャーから、ふと見かけた情報から、現在の言語療法士としての資格を取るために、福岡に旅立ちます。

こちらでも、しかし同じように方言の壁等に突き当たり、逃げ出してしまいます。

松山に戻り、またまた入る事ができた愛隣保育園。
この時に出会った園長先生が浜田さんの一つの精神的な支柱となります。

1.笑顔 2.走る 3.女優になれ!

「女優になれ」
子供たちを相手に、休む暇もない、息つく暇もない中で、どうしても感情的になってしまう中で、「女優になりなさい」と、子供たちへの叱り方も指導してもらったのだそうですよ。

浜田さんは、10年間保育士を勤めていたのだそうですが、その中で二度の流産を経験し、子どもを愛せなくなってしまいます。

絵を描く事も本当に嫌だったのだそうですが、そんな中で出会ったのが「パステルアート」。
初めて作品を仕上げた後、その仕上がりに思いの外満足したのだそうです。

という事で、松山伊予倫理法人会から二名、このパステルアートにチャレンジします。

同じパステルを使って絵を描くのですが、指や綿棒、消しコマを使って絵を描きます。
人によって指の油分、温度、指圧が違うので、絶対に同じ色にはならないのだそうですよ。

体や言葉、目、感覚を使って、リアルで触れ合いながら体感することもあり、お互いの距離が縮まり、絆が深まっていく様子が、スライド等を見ながらもこちらに伝わってきました。

第612回 経営者モーニングセミナー

平成27年5月14日(木)、ホテルJALシティ松山におきまして、第612回経営者モーニングセミナーが開催されました。

本日の講師は、アセッターズ株式会社 磯部雄生さん。
テーマは「信頼とお金」。

磯部さんが所属している「アセッターズ」とは、Aから始まりZで終わる。
最初から最後まで、お客様と一緒に、最後まで。ノルマがないので、お客様に一番あった商品を提案する。
そんなコンセプトを持った企業なんだそうですよ。

磯部さんは、香川県の出身で、ご両親は松山に縁があったものの、磯部さんは生まれた時から香川県で育ち、高知の大学に行くまでずっと香川で生きてきたのだそうです。

大学を卒業と同時にご結婚。大阪への配属になったのだそうですが、自然環境の問題から、四国への配属を希望し、松山に転勤したのですが、雇用先の事情で広島への転勤を通達されるのですが、実はこの時、磯部さんは離婚しており、父子家庭。

頻繁に転勤がある事を伝えられ、お子さんの事情から会社を辞める事を決意します。

その時に相談したのですがアセッターズ株式会社の社長。
そして磯部さんはアセッターズの社員となります。

就職した頃、中々営業もうまくいかず、貯蓄も突き、子供から反発され、それまで「そこそこ」生きてきた磯部さんは、初めて「壁」に突き当たります。

頭を下げ、年下の仲間からもアドバイスを受けるようになります。
本当にお客様の事を考えて仕事をしていただろうか、自分の利益ばかりを考えていたのではないだろうか。

そして、そんな時に出会ったのが倫理法人会。
アセッターズさんは、香川で倫理法人会に入っているのですが、磯部さんはアセッターズとは別に、磯部さん個人で松山伊予倫理法人会に所属しています。

「ほんとうに金銭を得るのは無欲の人である」
万人幸福の栞第11条に書かれてある言葉です。

磯部さんを今支えている言葉の一つなのだそうですよ( ^ω^ )